エリスロポエチンの効能 

MENU

エリスロポエチンの効能と含まれる食べ物についての説明

 

エリスロポエチンとは、牛などの哺乳類の乳に、含まれる糖タンパク質
成分が、腎臓で作られるホルモンのことをいいます。

 

肝臓でも生成されますが、ほとんどが腎臓で作られています。
ですから腎臓を患っているひとは、エリスロポエチンを充分得ることが
できなくなるため、貧血の症状があらわれます。

 

エリスロポエチンの効能は貧血の予防や改善に効果を発します。
これはエリスロポエチンには造血作用があり、赤血球の数をコントロール
できる機能があるからです。

 

エリスロうポエチンが含まれる食べ物は牛乳です。貧血を予防したいひとは、
毎日コップ一杯の牛乳を飲むといいでしょう。

 

逆に牛乳を取りすぎると、必要以上に赤血球が増えて、
血液がドロドロになってしまいます。

 

そうなると血管が詰まり、それが進むと、脳や心臓の血管まで詰まらせる
ことになります。これは脳梗塞や心筋梗塞を発症し、突然死を引き起こす
原因になりかねないのです。

 

このようにエリスロポエチンは過剰に摂取し過ぎると副作用もでてきます。
またエリスロポエチンはドーピングとして使用されることが多いです。

 

これは赤血球が増加することにより、体力の維持や持久力がかなり
続くからだといわれています。

 

とくに自転車競技においては、むかしから使用されていました。
ドーピングは違反行為であるとともに、エリスロポエチンの副作用によって、
心や身体にも悪影響を与えかねません。

 

ですが正しくエリスロポエチンを接種することは非常に良いことです。
貧血予防のために、毎日適量な牛乳を飲むことで、エリスロポエチンの効果を
1番発揮することができます、