特定保健用食品 とは

MENU

健康づくりに役立つ食品として国に承認される特定保健用食品とは。

 

特定保健食品とは国に科学的な証拠を提出して、有用性や安全性の審査
を受けて許可された食品のことで、通称トクホといいます。

 

1991年に保健機能食品制度が制定され、国が定めた基準や規格を満たす
食品に許可表示内容の保健の効果を表示できるようになりました。

 

身体の生理学的機能などに影響を与える保険機能成分を含んでいて、
血圧、血中コレストロールなどを正常に保つことを助けたり、
お腹の調子を整えるのに役立つなどの特定の保険の効果を、
科学的に根拠を示して証明することにより、国が評価、承認を与えています。

 

そうすることで消費者が安全な食品を選びやすくなるのです。

 

承認された食品はトクホマークを表示することを許可されて、成分や効果を
定められた範囲で機能性表示を表現することが認められています。

 

食品ごとに個別に審査され許可を受ける個別許可型と、予め定められた規格
に沿っていれば申請を必要としない規格基準型があります。

 

個別許可型は、実験データを提出して審査を受け、有効性や安全性が確認
された場合に許可される必要があります。

 

医薬品申請に準じるほど審査が厳しく、申請してから許可が降りるまでに時間
がかかります。虫歯の原因になりにくい食品と表示されるキシリトールなどが
代表的な例です。

 

規格基準型は保健機能成分を含んだ特定保健用食品許可の実績が多くあり、
科学的根拠が一定の基準を満たしている食品に関して規格の基準を定めて
個別審査なしで許可を受けることができます。

 

現在国は、トクホの規制緩和を目指して国の審査および許可の手続きをやめて、
食品を製造販売する企業の責任のもと科学的根拠を示して機能性表示を
認めるようにする予定です。